マンション大規模修繕工事は専門業者に依頼!工事実施目安はいつ頃?

マンション外観

CONTENTS

費用を抑えてマンション大規模修繕工事を行うコツ

壁の補修

経年劣化に伴うマンション大規模修繕工事を行う上で、頭を悩ませることが費用のやり繰りです。マンション大規模修繕工事は建物の規模によって大きく変わるのが特徴で、50戸未満の小規模マンションで平均1000万円から3000万円、100戸を超える大規模マンションでは1億円近く掛かってしまうケースも珍しくありません。工事に必要となる費用は住人が毎月支払っている修繕積立金から支払う形となりますが、工事の規模によってはそれだけでは賄えないこともあります。限られた予算の中で必要な工事を行う上で、重要となるのが業者選びです。マンション大規模修繕工事は専門業者へ依頼をするのが基本になります。しかし、施工に掛かる費用は業者によってそれぞれ異なるため、複数の業者に見積もりを出してもらって比較検討をすることが大切です。ただし、中には費用の安さで誘い込んでいい加減な工事をする悪質な業者もいるので、実績や信頼も重視しなくてはいけません。公的機関から援助を受けるのも有効な手段の一つです。日本ではこうしたマンションの修繕工事に対して助成金を出す自治体もあります。利用にはいくつかの条件などが設けられていますが、こうした制度を有効活用すれば予算を大幅に削減することも可能です。

オススメ記事

TOP